TOPへ戻る

入れ歯

入れ歯の種類

入れ歯は取り外し式のもので、大きく分けて総入れ歯と部分入れ歯に分けることができます。

総入れ歯

歯を全て失ってしまった場合に使用します。


部分入れ歯

歯を失った本数が1本から、残っている歯が1本の状態の場合に使用します。
様々なバネを残っている歯にひっかけることにより安定させます。

そのほか違和感が少ない金属床義歯と呼ばれるものや、バネに金属を使用しないノンメタルクラスプ義歯と呼ばれるものなど、さまざまな種類の入れ歯があります。
詳しくは担当医、スタッフまでご相談ください。


金属床義歯

加工精度が高く、お口の状態に精密に合わせることができます。また、金属を使用することで熱が伝わりやすく違和感が少ないです。


ノンメタルクラスプ義歯(スマイルデンチャー)

柔らかい素材を使用することで、金属のバネを使用せずに入れ歯をお口の中に維持することができます。
金属のバネがないことで、入れ歯を入れていると気づかれにくく、見た目の美しさを一番に考える方におすすめです。

 

入れ歯を使用する際のメリット・デメリット

メリット

歯を削らない

一部の入れ歯を除いて、ブリッジのように両隣の歯を削る必要がなく、他の歯への負担が少ない

インプラントのように手術をおこなわない

お体の状態により、インプラントのような外科処置を行うことができない患者様にも対応できます。

様々なお口の状態に対応できる

歯の本数が少なく、顎の骨がやせていても、その状況に応じた入れ歯を作製することが可能です。

お口のお手入れやメンテナンスを行いやすい

入れ歯はお口から着脱するため、お口や入れ歯の清掃をすることが容易にできます。そのため、寝たきりの患者様や、介護されているご家族にとっても対応が容易になります。

デメリット

痛みを生じることや、不快に感じることがある

入れ歯は基本的には歯肉など粘膜の上にのっているものなので、調整に時間がかかり、不快に感じることがあります。

種類により保険外になることがある。

基本的には健康保険適応です。
噛みやすさや、見た目、違和感を少なくしたいなど、患者様のご要望により材質や設計が異なるため保険外になることがあります。

入れ歯作成の流れ

入れ歯作成の手順→いくつかの工程があるため、作り始めてから完成まで1ヶ月以上必要です。

1 型とり:型とりを行い、患者様の模型を作製します。
2 かみ合わせの記録:噛み合わせる部分の高さや位置を記録します。
3 試し入れ:仮合わせを行い、歯の大きさや歯並び等を確認し調整します。
4 完成:痛みがなく、違和感が少ないように調整して使用していただきます。

治療費

ノンメタルクラスプ義歯 132,000円~
金属床義歯 297,000円~

※全て税込表示 

 

治療に伴うリスク

入れ歯維持の為の支える歯の負担が増え、残存歯の状態を悪化させることがあります。